国内MBA 受験対策決定版

国内MBAの受験対策決定版

MBA受験生が知りたい 合格者の「研究計画書」+「面接内容」

MBA受験生が知りたい 合格者の「研究計画書」+「面接内容」

 

  僕はKBS入試にあたって著者の一人である波田野さんにお世話になったのですが、ノウハウを余すところなく、伝えているのがこの本。

 最新の情報を網羅しつつも、国内主要MBAの学校についてまとめてあります。

 

 これは手元にぜひ持っておいてもらいたい1冊です。

着実に合格者数を増やしているみたいなので、情報の蓄積度合いやOB/OGなどの人的ネットワークも広がってきています。僕がお世話になった時は、法人化していなかったのに、今では受験予備校でも確固たる地位を築くまでになっています。

 難関校を志望するのであれば、まずは情報収集の一環として手元に置いておきたいですね。

 

 ちゃんと事前準備すれば、必ず合格できるのが国内MBAかと思います。

受験した時のブログとかもあったりするのですが、情報が古くなってしまったり点としての情報はあっても、それが線でつながっていなかったりするので、こういった本は貴重だと思います。

一方で、この手の本は鮮度が重要なので、定期的に改定してもらえるとありがたいですよね。

 

 地方にいたりすると、人に会って話を聞いたりするのが難しかったりします。なので、ネットや書籍などで補う必要があるのですが、MBA受験を検討されているなら、この本は目を通しておいた方がいいです。

 

 自分が国内MBAのことを考え始めたのが2015年。予備校も考えたのですが、高額な授業料がバカバカしくて独学で勉強をしようと考えていました。当時はMBA受験に関するブログはそれほど多くなく、ましてやKBSに関する情報は少なかったです。

 海外MBAについてはいろんな情報があったのですが、やはり国内MBA、ちらほらと受験体験記などはあったものの、相対的に情報は少なかったです。

 

 たまたまたどり着いたのが、KBSのOBである波田野さんが運営していたWebサイトを見つけてコンタクトをとりました。それが2015年の11月くらいだったと思います。波田野さんは毎年、国内MBAの過去問を受験した生徒やOBから情報を集めデータベース化していました。これは恐らく国内No.1だと思います。そのデータベースに基づいたマンツーマン指導が強さの源泉だったと思います。しかも当時は、個人事業みたいなところがあって、めちゃめちゃ費用が安かった(笑)

 

 最初は筑波のアカデミックな校風が好きで筑波に行きたかったのですが、波田野さんの影響が強すぎでKBSに会社を辞めて行きたくなってしまいました。今では予備校化していますが、それだけ合格実績も伴っているので入ってくる情報もかなり充実したものになっていると思います。

https://axel-education.com/

 

(2019年11月追記)

 新たに小論文対策についても本が出版されてました。

国内MBA入試対策 小論文対策の論点 ?小論文を構想する? 長文・グラフ・会計問題の視点から

国内MBA入試対策 小論文対策の論点 ?小論文を構想する? 長文・グラフ・会計問題の視点から