久しぶりの更新

 久しぶりの更新になってしまいすいません。

3月にKBSを無事に卒業しました。つらつらと書いているブログなのに、意外に多くの方に読まれているようで、久しぶりに更新しました。

立ち寄ってくださった皆さま、ありがとうございます。 

 

 

近況報告などなど

 4月から自分の事業一本に集中して頑張っております。慶應ビジネススクール(KBS)の同期で起業をしたのは、恐らく10%程度だと思います。2016年に入学した時は、96名ほどだったのが今年の3月に卒業したのは84名だったかな、確かそれくらい。景気の良さも反映して、就職も良かったみたいです。

 先日、久しぶりにKBSに行ってきて委員長室の方々とお会いする機会があったのですが、今年の4月に入学した103名の学生の内、海外の方が約40%とのこと。これまでにないほど留学生の比率が高くなっているようです。例年は20〜30%くらいで推移していました。この103名の内訳を見ると、平均年齢は27歳ほどで、全体の8割近い方が就労年数が4年未満とのこと。まあ、新卒もいますしね。僕が入学したときに比べると、少し若くなっているのかもしれません。

 また数年前からEMBAが設立された影響で、MBAの学生の人数が少し減らされているのではないかと個人的には考えています。まあ、学校側からするとEMBAの方がMBAに比べて学費も2倍取れて、授業などのコマ数はMBAに比べてかなり少ないので、あんまり無理してMBAの学生を取らなくても良いんじゃないと考えられてもおかしくないですよね。

 

 

 さて一方、自分の方はというと、調達に向けた動きを加速しており、年内には2,000〜3,000万の調達を目指しています。サービスのデモを見せられるようになり、色々な方々にご意見を頂戴していますが、本当にありがたいコメントばかり。2年前にKBSに入学して事業計画書を作ってた時は、ボロカスに言われていましたが、そう言った経験が今につながっている気もします。メンタルもさらに強くなってるのかもね。自分の具体的なサービスなどについては、改めてご紹介します。と言うか、早く自社のHP作りたい。。

 

 移動時間などは本を読んでまして、ミンツバーグ先生の本以外は今年の3月以降に買って面白かった本です。是非、本屋さんなどで見て手にとって見てください。自然科学系の本については、また別途。

 

起業の科学 スタートアップサイエンス

起業の科学 スタートアップサイエンス

 

 KBSの授業で「新事業創造体験」という授業でお世話になった若山先生もオススメの本。自分も買って、付箋やアンダーラインだらけになってます。読むだけではなく、すぐに実行に移せるくらい具体的でありかつ自分の事業の課題は何かについて考えさせられる1冊でした。図解も多く分かりやすいです。

 

 

起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営

起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営

 

  ごくごく当たり前のことが書いてあるんだけど、「そうそう!そうなんだよね」と妙に納得感のあった本。すでに何度か読み返しています。事業の着想から人の採用、マネジメント、営業など幅広いトピックが収められていて、是非、企業の管理職の方にも読んでもらいたい1冊です。

 

 

  KBSの先輩である、早稲田ビジネススクールの山田先生の本。山田先生の本はどれも面白いのですが、この本もやはり良かった。ビジネスモデルって人によって色々な定義付けがされていたりするんですが、この本は「儲ける仕組み」をビジネスモデルと定義しています。その儲ける仕組みを、ただ単に表面的になぞるのではなく、見えない部分をあぶり出すのがこの本の面白いところ。僕はマーケティング目線で、本を読んでみたのですが、ターゲットの設定やマーケティング施策についてのヒントがたくさんあり多くの示唆を得ることができました。

 

 

経営戦略の方程式

経営戦略の方程式

 

  この本は扱っているトピックが広く、8つの戦略研究をまとめていて、事例が多いのが特徴です。250ページとそれほど分厚くもないので、経営戦略論の概略を知りたい方にもオススメしたいです。一方で、深く掘り下げているわけではなく、あくまで概要を知るにはピッタリです。11章にはビジネスモデルについて各モデルの簡単な説明もあったりするのですが、やはり紙面の関係で深堀りはされていないので、読み物感覚で読むにはちょっと物足りないかも。

 

もう少し、読みごたえが欲しいという方には、ミンツバーグ先生の本。

 

戦略サファリ 第2版 -戦略マネジメント・コンプリート・ガイドブック

戦略サファリ 第2版 -戦略マネジメント・コンプリート・ガイドブック

 

 

松崎先生の補完的な本として、琴坂先生の本。今読んでます。

 

経営戦略原論

経営戦略原論

 

 

終わりに

  久しぶりに書いていたら、まとまりがなくなってしまいました。すいません。引き続き、時間を見つけて定期的に更新していきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

現役のKBS生がオススメする国内MBA受験対策本/参考書 筆記編

 慶應ビジネススクール(KBS)を目指すにあたり、一応、受験対策を行いました。

KBSには秋と冬に2回試験があり、秋に試験に落ちても冬に改めて受験ができます。

私も秋の試験に補欠で合格したものの、入学できず、冬の試験で合格しました。

今回は、KBSの話が中心になりますが、筆記試験に必要な本をピックアップします。

 

 個人的には研究計画書が一番大事でその次に面接が大事だと思っています。特にKBSは。そして最後が筆記試験になるかと思います。

 

 筆記試験はあくまで足切りとして使われて、筆記が決定的に合否に影響するとはあまり思えません。これはあくまで個人的な意見なので、正確ではないですが、周りの同級生や先生方と話を聞いて、自分なりにそう判断しました。

 では、筆記試験についてはそれほど力を入れなくてはいいかというとそうではなくて、教養レベルの知識とアウトプットの力は必要です。

 KBSの筆記はボールペンのみが使えて鉛筆類は使えません。修正液は使えます。ここは理解に苦しむところなのですが、自分なりに考えたことをつつがなく纏める能力を求めているのかもしれません(WBSもボールペンのみですが、フリクションでの受験が可能です)。なので、限られた時間で、自分の考えをアウトプットをする訓練が必要になります。

 

KBSの過去問

 KBSの過去問は、日吉の事務室で誰でも閲覧させてもらえます。ただし、コピーをすることができないので、その場でPCなどにメモをしたりする必要があります。2010年から2016年の過去問を見て感じた傾向は、戦略や組織、マーケティング、経済学などの複合的な問題が好まれる傾向にあると感じています。逆に、早稲田は分野ごとの出題、首都大はポーターが好きなどの傾向があります。

 なので、KBSを受験するのであれば、戦略、組織、マーケティングと経済学の知識については知っておく必要があります。

 

受験対策 オススメ本(個人的主観)

 まずは経営学全般についてまとまった本を軽く読んでおく必要があります。

その際に、コーポレートガバナンスについて、自分なりにどう考えるかなど、意識しながら読む必要があります。

 

1.経営学全般

 

 

 コンパクトにまとまっていて、好きな本です。組織論、戦略論、ガバナンス、リーダシップ、モチベーションなど経営学を理解するために必要な知識や考え方をバランスよく解説されているので、まず経営学について一冊を読んで見たいと考えるのであれば、オススメします。

 

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

 

  この本は内容が硬派でじっくり経営学について知りたいのであればオススメです。ただし、600ページ近くの分量があるので、気になるトピックに絞って読むくらいの方がいいかもしれません。

 

2.戦略

 

戦略の原点

戦略の原点

 

  KBSの清水先生の戦略本。とてもコンパクトに基礎的なレベルから解説されていて、最初の1冊にはピッタリ。

 

[新版]グロービスMBA経営戦略
 

  言わずと知れた、グロービスの経営戦略。昨年、改訂版も出て内容も新しくなっています。基本的なフレームワークとその使い方について知ることができる一冊。

 

 

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

 

  KBSの戦略の指定図書。ポーターは古いという話もありますが、個人的にはまだまだ学ぶ価値があると思います。KBSに入っても読むことになると思うので、息抜き程度に。

 後に紹介する、経済学の本と読むと理解が進みます。というのは、ポーターは経済学の産業組織論をベースにした理論を用いて、それを戦略に応用しているので、経済学の知識があれば、読みやすくなります。

 

3.マーケティング

 

 

 マーケティングのキーワードについて幅広く解説されています。まずはこの本から一通りマーケティングの概要を押さえる事が出来ます。ただし、最初の基本パートとマーケティング戦略部分のみをしっかり読んで、それ以降の専門分野は軽く目を通す程度で構いません。

 

 

改訂3版 グロービスMBAマーケティング

改訂3版 グロービスMBAマーケティング

 

  こちらもグロービス。事例を踏まえながら、フレームワークの使い方を学べます。受験前には何度も読んだ本の一つ。

 

4.経済学

 

 KBSの過去問を見ると経済学に即した知識がないと回答できないものもあります。レモン市場の話や不確実性など、ほとんどはミクロ経済の基本的な知識が求められていますので、基本的な本を押さえておく必要があるかと思います。

 

 

ミクロ経済学入門の入門 (岩波新書)

ミクロ経済学入門の入門 (岩波新書)

 

  受験当時は出版されていなかったのですが、何と言ってもコンパクト。まずは、ミクロ経済の概要を押さえる。

 

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

 

  タイトル好きな本ではないのですが、入門レベルという事で。この本のいいところは、経営学に関連するトピックが多い事。規制緩和、技術革新、企業のガバナンスから格差問題まで、教養としての知識も身につける事が出来ます。

 

最後に

 これまで、KBSの試験と主観に基づくオススメ本についてまとめました。本当はもっと紹介したい本もあるのですが、試験に使える本という事で自分なりにコンパクトにまとまっている本をピックアップしました。

 大切なのは、これらの本を読んで終わりではなくて、自分ならどう考えるかです。インプットだけではなくて、アウトプットできるようにボールペンを持って書いて見る必要があります。

 

 

MBA生(慶應ビジネススクール)の就職活動について

 KBSにはいろんな人がいます。KBSは全日制のビジネススクールなので、基本的には会社を辞めて入学することになります。一方で、休職してくる人、企業から派遣されて入ってくる人。企業経営をされている人は自分の事業と両立しながら入ってくるわけです。両立もすごいですけどね。

 

 KBSの学生の内訳は、KBSのHPによると2015年入学の学生だと、平均年齢が30才弱で、約6割の人が中途で3割が新卒みたいですね。自分の同期(2016年入学)の学生を見てもあまり変わらない気がします。というよりもKBSは一定の新卒を入れていることから、年齢のバランスを取ることを大切にしています。これは意見が分かれるとは思いますが、いい部分も悪い部分もあると思います。留学生も2〜3割ほど含まれますが圧倒的に中国から来ている留学生が多いです。

 

www.kbs.keio.ac.jp

 

 ここでは、自分は企業を辞めて入ってきているので、MBA中途採用マーケットについて共有しようかと思います。

 自分は起業してしまったので、就職活動は行わないつもりですが(たぶん)、新卒組と違って中途組は修士2年生の時からインターンに参加する人がちらほら出て来ます。戦略コンサルに就職したいという人は、KBSはBCGの寄付講座や他にもワークショップや講座があるので、勉強になるとともに、そこから就職する人もいます。WBSの内田先生や現在BCGの日本代表を務める杉田さんはKBSのOBですしね。

 

 就職スケジュールの話をすると、修士2年生の中途組の学生はこの1月くらいから本格的に就職活動を行います。新卒や若い第2新卒と違って、中途はあくまで即戦力候補なので、卒業前に面談などを行い4月から就職という流れがあるためです。2年生になると比較的時間の余裕ができてくるので、語学の勉強などスキルアップに励む人も多いです。

 

 昨年の先輩の姿を見ていると、やはりすんなり決まる人もいれば、苦労する人もいるので、人それぞれな気がします。年齢が若ければ若いほど、決まりやすいような気もしますが。学校側も就職セミナーや求人票の案内など定期的にメールを送ってくれるので、サポートもあります。EMBAのツテで就職が決まったというケースも聞きますし、KBSのネットワークを存分に生かして就職活動すべきだと思います。

 

 そのためには、入学前からKBSに入ってどんなことを実現したいのか、その足りたいギャップをどうやってKBSで手に入れるのかという視点が大切なのだと思います。入学前には、キャリアプランを考えて入学しているはずなのに、入学してからブレてしまうと後々に苦労してしまうかもしれません。

 そうならないためにも、入学前にしっかり考えておくことが大切で、MBAに入学する際のキャリアの棚卸しの重要性については、下記の侍留さんの本でも少し述べられています。

 

新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法

新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法

 

http://amzn.to/2CyTawL

 

 KBSでは目的がしっかりしていれば、投資に値するだけの学校だと思いますので、これからもKBSに入学してくれる人がこれからも増えるといいなと思ってます。

明けましておめでとうございます。

f:id:suwajun111:20180101140633j:plain

 

 まさか、大晦日と元旦を学校にきて過ごすとは思っていませんでした。

修士論文の提出やら資料の作成やら、家にいるとできないこともあるので、学校で作業をすることに。

 学校の誰もいないコンピュータールームでSPSSが使い放題だし、写真のように自習室も一人自習室状態。

 

 今年は事業を軌道に乗せるべく、動いて行きます。

慶應ビジスネスクールでの生活も残すところあと3ヶ月になりました。

 

 さて東洋経済の記事に、企業家的な働き方をできない人の末路というのがありました。

toyokeizai.net

 

 簡単に説明すると、従来のように、指示通り仕事をするだけでは生き残れない時代になってきている。だから今、求められているのは、入り組んだ混沌の中で問題を解決していける能力、つまり「起業家精神」であり、起業家的な働き方が必要であると。

 ここでは、「起業家的な働き方」について「ビジネスや人、アイデア、プロセスからなるシステムを、結びつけ、創造し、発明することである」と定義されています。

 

 起業家的な働き方はともあれ、これって、昔から言われていることと同じで受動的ではなく、能動的に仕事に関われってことだと思うんです。昨年、実際に起業をしてみて、多くの貴重な経験をさせてもらっています。これは会社員だとできないことも多いし、色々なものを自分自身で作って行く作業は楽しいです。

 普段の業務でも、自分から積極的に関わることで、周りからの信頼も得られるのではないでしょうか。

 

kigyotv.jp

 

三木谷さんは、

仕事は自分の努力で変えることができる。
本人がどう取り組むかによって、理想の恋人になることもあれば、顔もみたくない天敵になることもある。
それが仕事というものの不思議さだ。

 

 なんておっしゃてますが、本人の意識次第なんでしょうね。

 

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」をモットーに今年も全力で走ります。

 

 今年も多くの人との出会いを楽しみにして、頑張って行きますのでどうぞよろしくお願いします。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

5W1Hの切れ味を味わう。5W1Hは、かなり使えるフレームワークだった!

f:id:suwajun111:20170911183257j:plain

Amazon CAPTCHA

 

 5W1Hは社会人の方であれば、聞いたことのあるフレームワークではないでしょうか。

 

5W1Hなんて、基本的でしょ。」なんて考えている方もいらっしゃるかもしれません。自分も、この本を読むまでは今更、5W1Hなんてと考えていました。ただ、この本を読んでみて5W1Hに対する見方が変わりました。変わったというよりも、使いこなせていなかったのです。

 逆に、使いこなせている人からすると、ちゃんと整理された形で説明されると、より理解が深まるのではないかと思います。

 

(1) 5W1Hとは

 5W1HとはWho(誰が)、Where(どこで)、What(何を)、When(いつ)、Why(なぜ)、How(どのように)の頭文字をまとめたものです。

 ここまでは、おそらく誰でも知っているのではないでしょうか。でも、どのタイミングでどの要素を使えばいいのかなど、詳しくは理解していないことも多いのではないかと思います。

 

www.manetama.jp

 

(2) この本の良いところとその限界

 この本のいいところは、何と言っても、分かりやすさです。5W1Hをどのような場面で使えばいいのか、どのように応用すればいいのか理解が進みます。よく、思考系の本を読むと、確かにわかるんだけど、だから何?と思うこともあるのですが、基本的なフレームワークロジカルシンキングなどの本を読んだ方であれば、とっつきやすいはずです。

 さらに、この本のいいところは、物事を考えるときの思考の整理と切り口についてヒントをくれるところです。グループディスカッションで出てきた、論点を整理するときや物事を筋道立てて考えるときに、それを補ってくれる道具になってくれます。

 

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

 

 

・思考が行き詰まったときの原点回帰をしたい人
・方法にこだわらず、できるだけシンプルに考えたい人

なんて人には、この本はいいですよ。

 

 一方で、5W1Hを理解したからと言って、それが使いこなせるのかは別です。

この本では、簡単なケースを用いて、5W1Hをどのように使うのかについても、説明がなされています。上司を説得するとき、新規事業を考えるとき、自社の戦略を考えるときなど、様々な事例を用いて、5W1Hの使い方について説明がされています。

 けれども、あくまで5W1Hは思考整理のためのフレームワークであって、答えを与えてくれるわけではありません。頭では分かったつもりでも、それが実際使えるかどうかは別です。なので、一番大事なのは、この本で学びを深めて、実際使って見ると言うことです。試行錯誤して使って見て、自分のものにするのです。これは簡単なことではないですし、地道な作業です。基本的な積み重ねが、いざという時に使えるツールになります。

 

シンプルに結果を出す人の 5W1H思考

シンプルに結果を出す人の 5W1H思考

 

 

 

Kindleを買って思うこと

 最近Kindleを買い換えました。

http://amzn.to/2eFK5bJ

 

キャンペーン情報なしの白いKindleです。

 

 個人的には、本に書き込みなどをして汚しながら読みたい人間なので、あまりKindleは好きではなかったのですが、改めて使ってみると、これはこれでアリかと考えるようになりました。電子インクが目にやさしいのも、嬉しいポイントです。

 

 要は、しっかりと精読したい本は本を買えばいいし、さらっと読み流したいような本はKindleでいいかと。当たり前なんですけどね。

 慶應ビジネススクール修士論文を書かなくては、卒業できません。なので、論文を書くために既存研究の分析を行います。

 修士論文を執筆するにあたって、論文をPDFで読む機会も多くなってきました。そのPDFをビューワーとして Kindle を使うなんてこともできるので、これは便利です。

学生なので、海外のトップジャーナルにアクセスできますし、オンラインで日経テレコンやあらゆる雑誌も観れるので、高い学費を払っているだけあって、そこは助かっています。

 

coarsepaper.org

 

 旅行の時は、大量の本を持ち歩かなくてもKindleさえあれば、事足りることも多いのも便利ですよね。自分はまだ、加入していないですが、Kindle unlimitedもありますし。活用法次第では、いろんな使い方ができそうです。

www.denshishoseki-mado.jp

VR/AR/AI研究 VR酔いについて

今日は、9月7日の日経産業新聞の記事から。

大日本印刷は仮想現実(VR)コンテンツの鑑賞などに使うヘッドマウントディスプレー(HMD)向けに、目の疲労の軽減につながる液晶パネル部品を開発したという記事が出ていた。微細なレンズを並べた特殊なフィルムで、目の疲れの原因になる色の重なりを抑えるという。
 

HMDはゴーグル型のディスプレーです。Oculus Riftなんかが有名ですよね。

 

wrap-vr.com

 

 最近、市場が伸びてきているVR、ARの市場ですが、HMDを使うと、頭などの動きに合わせて映し出す映像も動くことで、VRコンテンツが楽しめる一方で、数分間の使用で目の疲れを感じる人もいて「VR酔い」への対応が課題だと言われていました。

 


 大日本印刷は目の疲れについて、液晶パネルに配置された三原色の画素からの光をマイクロレンズで拡大した際に、別々の色が重なってしまうことが一因と分析。映像がぼやけるなどして、無意識のうちに目の疲れを招くというのが主な原因になるんだとか。

 実際の映像では明確な違いがわかりづらいが、VRゲームを長時間プレーする場合や、不慣れな利用者が体験する場合に違いが表れるという。

 

これが本当に解決できるのであれば、すごいです。

 

 VR、ARの市場は伸びてきていますしね。特にハードの分野はAppleGoogleを中心に、新しいサービスが今後も出てきます。新しいiphoneも楽しみですね。この市場の伸びが今後も続くのか、注目していきたいですし、自分のこの流れに乗れるように頑張ってます。

HMD向けのフィルムの市場規模は100億~200億円程度。大日本印刷はゲーム機メーカーにサンプル出荷を始めたほか、液晶パネルメーカーにも売り込む。2021年度までに50億円の売上高を目指す。得意とする液晶のカラーフィルターに加え、事業領域を広げる。
 据え置き型ゲーム機などに接続するHMDに加え、バンダイナムコエンターテインメントが東京・新宿に大型のVR体験施設を開業するなど、VRの市場は広がっている。米調査会社のIDCは21年に日本のVR・拡張現実(AR)関連市場が16年比13倍の28億3400万ドル(約3100億円)に達すると予測。大日本印刷は成長分野を取り込む。

 

2017年9月7日 日経産業新聞