5W1Hの切れ味を味わう。5W1Hは、かなり使えるフレームワークだった!

f:id:suwajun111:20170911183257j:plain

Amazon CAPTCHA

 

 5W1Hは社会人の方であれば、聞いたことのあるフレームワークではないでしょうか。

 

5W1Hなんて、基本的でしょ。」なんて考えている方もいらっしゃるかもしれません。自分も、この本を読むまでは今更、5W1Hなんてと考えていました。ただ、この本を読んでみて5W1Hに対する見方が変わりました。変わったというよりも、使いこなせていなかったのです。

 逆に、使いこなせている人からすると、ちゃんと整理された形で説明されると、より理解が深まるのではないかと思います。

 

(1) 5W1Hとは

 5W1HとはWho(誰が)、Where(どこで)、What(何を)、When(いつ)、Why(なぜ)、How(どのように)の頭文字をまとめたものです。

 ここまでは、おそらく誰でも知っているのではないでしょうか。でも、どのタイミングでどの要素を使えばいいのかなど、詳しくは理解していないことも多いのではないかと思います。

 

www.manetama.jp

 

(2) この本の良いところとその限界

 この本のいいところは、何と言っても、分かりやすさです。5W1Hをどのような場面で使えばいいのか、どのように応用すればいいのか理解が進みます。よく、思考系の本を読むと、確かにわかるんだけど、だから何?と思うこともあるのですが、基本的なフレームワークロジカルシンキングなどの本を読んだ方であれば、とっつきやすいはずです。

 さらに、この本のいいところは、物事を考えるときの思考の整理と切り口についてヒントをくれるところです。グループディスカッションで出てきた、論点を整理するときや物事を筋道立てて考えるときに、それを補ってくれる道具になってくれます。

 

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

 

 

・思考が行き詰まったときの原点回帰をしたい人
・方法にこだわらず、できるだけシンプルに考えたい人

なんて人には、この本はいいですよ。

 

 一方で、5W1Hを理解したからと言って、それが使いこなせるのかは別です。

この本では、簡単なケースを用いて、5W1Hをどのように使うのかについても、説明がなされています。上司を説得するとき、新規事業を考えるとき、自社の戦略を考えるときなど、様々な事例を用いて、5W1Hの使い方について説明がされています。

 けれども、あくまで5W1Hは思考整理のためのフレームワークであって、答えを与えてくれるわけではありません。頭では分かったつもりでも、それが実際使えるかどうかは別です。なので、一番大事なのは、この本で学びを深めて、実際使って見ると言うことです。試行錯誤して使って見て、自分のものにするのです。これは簡単なことではないですし、地道な作業です。基本的な積み重ねが、いざという時に使えるツールになります。

 

シンプルに結果を出す人の 5W1H思考

シンプルに結果を出す人の 5W1H思考

 

 

 

Kindleを買って思うこと

 最近Kindleを買い換えました。

http://amzn.to/2eFK5bJ

 

キャンペーン情報なしの白いKindleです。

 

 個人的には、本に書き込みなどをして汚しながら読みたい人間なので、あまりKindleは好きではなかったのですが、改めて使ってみると、これはこれでアリかと考えるようになりました。電子インクが目にやさしいのも、嬉しいポイントです。

 

 要は、しっかりと精読したい本は本を買えばいいし、さらっと読み流したいような本はKindleでいいかと。当たり前なんですけどね。

 慶應ビジネススクール修士論文を書かなくては、卒業できません。なので、論文を書くために既存研究の分析を行います。

 修士論文を執筆するにあたって、論文をPDFで読む機会も多くなってきました。そのPDFをビューワーとして Kindle を使うなんてこともできるので、これは便利です。

学生なので、海外のトップジャーナルにアクセスできますし、オンラインで日経テレコンやあらゆる雑誌も観れるので、高い学費を払っているだけあって、そこは助かっています。

 

coarsepaper.org

 

 旅行の時は、大量の本を持ち歩かなくてもKindleさえあれば、事足りることも多いのも便利ですよね。自分はまだ、加入していないですが、Kindle unlimitedもありますし。活用法次第では、いろんな使い方ができそうです。

www.denshishoseki-mado.jp

VR/AR/AI研究 VR酔いについて

今日は、9月7日の日経産業新聞の記事から。

大日本印刷は仮想現実(VR)コンテンツの鑑賞などに使うヘッドマウントディスプレー(HMD)向けに、目の疲労の軽減につながる液晶パネル部品を開発したという記事が出ていた。微細なレンズを並べた特殊なフィルムで、目の疲れの原因になる色の重なりを抑えるという。
 

HMDはゴーグル型のディスプレーです。Oculus Riftなんかが有名ですよね。

 

wrap-vr.com

 

 最近、市場が伸びてきているVR、ARの市場ですが、HMDを使うと、頭などの動きに合わせて映し出す映像も動くことで、VRコンテンツが楽しめる一方で、数分間の使用で目の疲れを感じる人もいて「VR酔い」への対応が課題だと言われていました。

 


 大日本印刷は目の疲れについて、液晶パネルに配置された三原色の画素からの光をマイクロレンズで拡大した際に、別々の色が重なってしまうことが一因と分析。映像がぼやけるなどして、無意識のうちに目の疲れを招くというのが主な原因になるんだとか。

 実際の映像では明確な違いがわかりづらいが、VRゲームを長時間プレーする場合や、不慣れな利用者が体験する場合に違いが表れるという。

 

これが本当に解決できるのであれば、すごいです。

 

 VR、ARの市場は伸びてきていますしね。特にハードの分野はAppleGoogleを中心に、新しいサービスが今後も出てきます。新しいiphoneも楽しみですね。この市場の伸びが今後も続くのか、注目していきたいですし、自分のこの流れに乗れるように頑張ってます。

HMD向けのフィルムの市場規模は100億~200億円程度。大日本印刷はゲーム機メーカーにサンプル出荷を始めたほか、液晶パネルメーカーにも売り込む。2021年度までに50億円の売上高を目指す。得意とする液晶のカラーフィルターに加え、事業領域を広げる。
 据え置き型ゲーム機などに接続するHMDに加え、バンダイナムコエンターテインメントが東京・新宿に大型のVR体験施設を開業するなど、VRの市場は広がっている。米調査会社のIDCは21年に日本のVR・拡張現実(AR)関連市場が16年比13倍の28億3400万ドル(約3100億円)に達すると予測。大日本印刷は成長分野を取り込む。

 

2017年9月7日 日経産業新聞 

 

スタートアップのエンジニア獲得について

 アクセラレータプログラムに参加していると、チームで参加している人も多いです。自分の場合は、一人で事業計画を取りまとめて、いろんな人に意見をもらって、事業計画を磨いてきました。

 事業計画書についても、内容が素晴らしくても、それを実現する実現可能性をどう担保するのかはよく聞かれていました。

 

 最近一番苦労しているのは、エンジニアの獲得です。お金もそうだけど。

両方とも本当に苦しい(笑)。自分の場合は非エンジニアなので、ソフトウェア開発を行おうとすると、どうしてもエンジニアが必要になります。創業メンバーに優秀なエンジニアがいるかどうかでも、その事業計画の評価が変わるかもしれません。それほど、エンジニアがチームにいるのかは重要なのです。

 

mayonez.jp

 

careerhack.en-japan.com

エンジニアを獲得するために、

  • 慶應の理工キャンパスに行って理系人材の紹介及び発掘
  • 東大のAIを研究している大学院生を口説く
  • Facebookを通じて、友人や知人にエンジニアの紹介を依頼
  • セミナーや勉強会を通じて、人的ネットワークを広げる
  • ブログなどを使って広報する
  • LinkedInを通じて、直接エンジニアの方にアプローチする

みたいなことが具体的な打ち手かと思ってます。

 

 来年の2月には、大きな調達を行いたいと考えているので、どうしても力になってもらえるエンジニアは必要です。幸いにして、東大と共同開発を行なっているので、技術的な部分については、まだなんとかなっているのですが、今後の調達を考えると人材の獲得が急務だと思っています。その人材といっても、創業メンバーとしても頑張ってもらえるようなエンジニアの採用なので、ハードルは高いんですが。

 

 今回、エンジニアを探し始めて思ったのが、自分の求めるエンジニア像が漠然としていたこと。どんなスキルが必要で、どんな役割を演じて欲しいのか、即戦力を求めるのかどうなのか。採用に妥協しないためにも、自分自身がしっかりとした判断軸を持つことが大切なのだと思います。

 

 エンジニアの方に対して口説くための、情熱や熱意はマストなんですが、それ以前に大事なことを最近学んだ感じがします。

 

hcm-jinjer.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社を設立しました

8月はまさに怒涛の一ヶ月でした。

事業計画の内容を評価してもらい、出資が決まりました。そのための会社設立が急遽必要になったので、株式会社を設立したり、事業計画の修正など行なっていました。

ただ、最終的に出資を受けることについては、散々悩んだ挙句辞退したのですが。。

ちょっと、資本政策については今回とても勉強になったので、改めて共有したいと思います。

 

 合同会社は設立したことがあったので、株式会社の設立に関してはなんとか2週間弱で設立することができました。

 

株式会社の設立の流れはこんな感じになります。

 

f:id:suwajun111:20170904135514p:plain

 社名や出資額や事業内容、定款などについて決めます。それと同時に、会社の印鑑と会社のドメインを作成します。書類を作成したら、公証人役場に持っていきます。

株式会社の場合は、合同会社と違って発起人の決定書や設立時役員の就任承諾書が必要になります。

 よく、楽天などのサイトを見ると代表印と銀行印、角印の3点セットが販売されています。合同会社を今年設立した時は、そこらへんの知識がなかったので3点セットを作ってしまったのですが、とりあえずは最低でも代表印があれば大丈夫です。自分の場合は、次の日には印鑑が欲しかったので3,000円程度のところで作りました。

後から、他の印鑑については揃えればいいかと思います。

 

会社のドメインは、お名前.comを使いました。

www.onamae.com

将来的には、サーバーを借りてHPも作成していきたいと考えています。

 

 資本金の払い込みをした通帳のコピーや定款のコピーなどを用意したら、それを法務局の方に持っていきます。ここら辺の手続きは、合同会社の設立手続きと同じです。

株式会社を設立するにあたり、下記のサイトを参考にさせてもらいました。

inqup.com

 

 

会社設立にあたり、

定款の認証時に公証人に払う手数料が5万円

登記手続きに必要な定款の謄本手数料が約2,000円

登記手続きの際の登録免許税が15万円

合計20万円ほどの費用がかかりました。(資本金は除く)

 

色々勉強になることも多いので、時間がある方は自分で会社を設立するのもいいかと思います。freeeのようなサービスを使ってもいいと思います。

www.freee.co.jp

VR/AR/AI研究 FacebookのVR戦略

 Facebookも今後は、VR、ARに投資を行っていくことが発表しています。

30億ドルは日本全体で見ても、この投資額に追いつけないんじゃないだろうか。それくらいのレベル。

jp.techcrunch.com

 

昨年の日本のVR市場規模はたったの60億円程度という記事もあるくらいですし。

itpro.nikkeibp.co.jp

 

 これまでのFacebookのVRに対しる取り組みと今後のVRビジネスの方向性については以下のサイトですごく分かりやすくまとめられています。

media.l-s.co.jp

 

 テキストが中心だったコミュニケーションが動画や映像といったビジュアル中心のコミュニケーションが増えてきています。デバイスの開発はもちろん、サービスの拡充は今後も大きな成長分野となることは間違いないと思います。

VR/AR/AI研究 今後のAR iPhone APP

現在、AIとARを活用したソフトウェア開発を行なっているので、今後は、自分のビジネスアイデアの整理も兼ねて、VR/AR/AI領域についてのトピックについても触れていきたいと考えています。

 

 今秋の発売が見込まれる「iPhone8」の、新作コンセプト映像では縦に並んだデュアルカメラを使ったAR(拡張現実)とVR(仮想現実)機能、ワイヤレス充電機能などが特徴だと言われています。

 

 また、Appleの事情に詳しい匿名の情報筋の話としてBloombergは、AppleがAR関連の研究開発のため、ハードウェアとソフトウェアの両方をカバーする専門家のチームを編成していると報じています。

 Appleは近年、MetaioやFlyBy MediaといったAR関連技術に強い企業をはじめ、VR、3Dゲーム関連の企業を複数買収していますしね。AppleはARに多くのリソースを投入していると多くのメディアでも報じられていました。

 

 ARを使ったアプリはどんなものができるのか。一つのアイデアとしてあるのが、Dan Monaghanという人が作ったアプリ。

彼のウェブサイトによると、Float0について紹介しています。 Float0は、iOS 11用の新しいARツールキットを利用したアプリです。今のところ、自分が動いているときにたくさんの写真を撮って、小さなギャラリー展のように空中にぶら下がっているのを見るというアイデアです。

 

https://www.danmonaghan.nz/single-post/2017/07/13/floatO-iOS11-App---LuckyBulldozer17

 

デモはiOSアプリケーションの始まりに過ぎない。 現在、それは非常に奇妙な写真を撮るための単なるツールです。 これは滑らかで、60fpsで動作し、150枚の写真が置かれるんだ。 

 

こんな感じ。

vimeo.com

 

 このアプリがどうこうという訳ではなく、ARを活用したアプリが今後多く登場し、新しいサービスもどんどん提供されていくことが容易に想像できます。

ようやくiOS ARの時代が始まったところですね。