3年後に結果を出すための最速成長。なぜ僕らは成長しなくてはならないのか

 赤羽さんの「3年後に結果を出すための最速成長」という新書が発売されました。

でも3年後でいいのか?遅すぎないかというのは自分だけですかね。。

 

3年後に結果を出すための最速成長 (ベスト新書)

3年後に結果を出すための最速成長 (ベスト新書)

 

 

 この本の主張としては、技術進歩が急速に進む現在、これまでの成功体験は未来では通用しなくなる。だから自分自身が成長しましょうということだと理解しました。

 

 AIやブロックチェーン、IoTなど新しい技術の紹介や、その技術にもたらされるメリットとデメリットがまとまっているので、参考になります。

 一方で、それにまつわるメモ書きのためのタイトル「成長するためのヒント」という形で用意されているので、メモ書きが好きな自分にとってはありがたいです。

A4メモ書きをやっていると、メモ書きのタイトルが枯渇してくるんですよね。。

同じタイトルで深掘りすることもできるのですが、新しいネタも必要なので。

 

 メモ書きをするには、インプットが重要だと個人的には思います。例えば、AIを活用したビジネスアイデアについて1分以内にメモ書きをしたとします。

 そうすると、最初は自分の知っている知識を引き出しながら書き出していくので、最初の1回目のメモは、あまり内容のあることが書けないかもしれません。それは、当然で、知識もそれほどないようなことについて、最初からしっかりしたものを書くというのは難しいです。

 

 修士論文のテーマを決める際にも、何十枚もテーマについて、自分が考えていることを紙に吐き出すことでようやく、少しづつ方向性が収束しつつある気がしています。

その間に、多くの文献や論文を読み、いろいろ考えた結果、論文テーマに関するメモ書きも変わってきたと感じています。

 なので、自分がインプットしたものについて、自分なりに考え、咀嚼し、理解した結果、さらにまともなメモ書きができるようになります。インプットとアウトプットの繰り返しを習慣化したのが、A4一枚メモ書きというツールなのかもしれないですね。

 このブログもいつのまにか、メモ書きで書いたことや感じたことを綴るツールになってきてしまいました。意外に、ブログも思考の整理ができて役立っています。

 

matome.naver.jp

 

 日本や世界の経営者をみても、読書などを通じて、インプットをされている方は多い印象があります。

 

 経営者にとって、インプットは必要なのかということですが、そもそも「経営者に求められる資質」と言っても、知識や教養以外にも、いろんなものがありますよね。ビジョン構築力、組織をまとめる力、経営戦略、マーケティングファイナンスや変革力など、挙げればきりがないほど。そして、これらの能力を全て持っている人なんているのだろうかと。

 

biz-journal.jp

 

 倒産企業社長の特徴として、やはり経営者の問題が一番大きくて、その結果、企業内部環境の整備や戦略の策定ができずに倒産してしまうケースが多いのではないかと思います。そういう意味では、経営者自身が勉強をして常に手を打っていかなくてはならないわけです。なので、そのためにはインプットは必要なんだけど、アウトプットも意識しないといざという時に使えなくなってしまいます。

 

 

 どんな本を読めばいいのかについては、いろいろあるとは思いますが、まずは自分の関心のある分野から読んでもいいと思いますし、ブックリストのような本もあるので、そんな本を参考にしてもいいと思います。例えば、ビジネス書であれば、「アメリカCEOのベストビジネス書100」に紹介されている本は、KBSでも紹介されている本も多いです。

アメリカCEOのベストビジネス書100

アメリカCEOのベストビジネス書100

 

 

  ビジネス書以外でも、小説や漫画いろんなジャンルの本が紹介されていて、参考になります。

戦略読書

戦略読書

 

 

  2章の「世界観・人生観は歴史書に学ぶ」を始め、日本と海外の比較した視点は面白かったです。

本物の知性を磨く 社会人のリベラルアーツ

本物の知性を磨く 社会人のリベラルアーツ

 

 

  読書をどうやって血肉化するのかというヒントをこの本から学びました。ただ、漫然と本を読むのは意味がないのだということを痛感させられた本です。

 

 

 KBSの清水先生の本です。パッと見、ブックリストでは無いようにみえますが、「目的や課題をとらえる視点」を経営学の論文や本から学ぶという変わった切り口で書かれた本です。

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由

経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由

 

 

清水先生が「戦略プロフェッショナル」を紹介した4回にわたって紹介した第1回。読み物としても面白いです。

style.nikkei.com

 

 自分もまだまだ読書量が少ないと感じているので、いろんなジャンルから見識を深めていきたいと思っています。

スタートアップ経営者はイーロン・マスク並みに働く必要があるのか

 イーロンマスクは個人的に好きな経営者の一人です。

story-is-king.com

やはり、常人離れしたアイデアとそれを実現する推進力がすごいと思います。

以前、彼の元で働いていた部下の方の話では、彼が上司だと本当に大変だということですが。。

 

週100時間働くイーロン・マスクの超人的な1日 | BUSINESS INSIDER JAPANwww.businessinsider.jp

 

 週100時間働くのがいいのかどうかは、分からないけど、スタートアップで経営者にとって長時間労働は必要条件のような気もする。限られた人数の中で、リソースもないわけだし。自分のビジネスでお金を稼ぐのって大変なのかもしれないけど、好きなことをやれる環境があるだけでも、楽しいよね。

 

起業家は粘り強く、毎週80~100時間、地獄のように働くべきです。これは成功確率を上げるために必要なことです。

(イーロン・マスク)

 

 事業を成長させるには、人が一番大事だと思うし、お金も必要。自分みたいな、ものづくりに関わるところは、資金の部分は本当にしっかりと考えておかないといけないところだと思う。

 

 独身の場合だと、あまり気にすることはないのですが、自分の場合は、結婚をしているので、ちゃんと奥さんにも時間をかけて説得して、理解してもらったことも大きいと思っています。その分、責任も大きい。

 

 若くて、失うものがない人には積極的にリスクを取りに行ってもらいたいです。20年後の世界では今の職業の大半が必要なくなっているかもしれないし、そんな中で生きていくのは、自分でアイデアを考えて実行する起業力みたいなことろが求められるとも思いますしね。

 

慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)

 慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)は、慶應義塾が設立したベンチャーキャピタルです。東大とかもありますが、身近なところにサポートしてくれそうな、VCが存在するのは個人的には心強いです。

 

慶應イノベーション・イニシアティブ / Keio Innovation Initiative / KIIwww.keio-innovation.co.jp

 

 僕のような、コネもなくお金もない学生にとって、できることは沢山あります。事業を一緒に考えてくれるメンターの方を探したり、人工知能スペシャリストに協力してもらったり、全国を飛び回って、事業計画を何回も説明させてもらうことで、色々な方々から協力をいただけるようになってきました。始動のようなプログラムで出会えた人もそう。

 

 一方で、お金の部分は見通しが順調かといえば、まだまだです。エンジェル投資家になってくれそうな方は、少なからずいますが、最終的に企業をスケールさせる金額にはまだまだ遠いです。なので、VCは自分にとってとてもありがたい存在なのです。

 イーロン・マスクは事業のわらしべ長者みたいな気がしていて、事業を作っては売却をしてというスタイルで、今のテスラやスペースXを創業しているので、本当にすごいと思います。日本だとメルカリの山田社長もすごいですよね。

 

 とは言っても、今は自分ができることをしっかりやって、プロトタイプを作れるところまで持っていきたいです。

 

 この本も面白いので、一度手に取って見てみてください。

やる気がみなぎってみますよ。

イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスク 未来を創る男

 

 

  始動プロジェクトでも紹介された本。

イーロン・マスクと同じペイパルマフィアの一人。Yコンビネータも有名ですよね。

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

 

 

 

 

 

 

ビジネススクールでの修士論文について

  慶應ビジネススクールでは修士論文を書かなければ卒業ができません。

大まかな流れで言うと、6月下旬にテーマを決めて、プロポーザル資料を準備して、学校側に提出します。その際、副査を最低二人の先生にお願いしなければなりません。

 

 自分の場合、テーマを決めるのに一苦労していて、ゼミではテーマになりうるトピックについて発表を行なっているのですが、かなり突っ込まれます(汗)

 テーマが決まってしまえば、あとは来年1月の提出まで突っ走るだけなのですが、なかなかテーマが決まらず困っています。いくつかの論文のテーマについて考えていたものは実は研究済みだったり、内容的に広がりがないので、かなり知恵を振り絞ってます。

 なんとなく、この感覚は、ビジネススクールに入学した時に事業計画書を書くために、起業をするためのアイデアを考えていた時に近い感じがしています。

 

 修士論文を書くと言うことは、これまでの学びを体系化して、かつ1つの狭いテーマについて様々な角度から分析を行うことができる貴重な経験です。どうしても、社会人だと時間をかけて考えると言うことはコンサルタントでもない限り、難しいのではないでしょうか。自分が社会人の時は、常に多くのタスクを抱えていましたし、ゆっくり取り組むなんてことはできませんでしたが、学生になってみると時間があるありがたみが分かります。

 

 研究室によっては、事業計画書を修士論文にすることを許してくれるところがあります。自分の所属している研究室もそうです。でも、事業計画書をそのまま修士論文にするのは、あまり気乗りしなかったので、自分は論文を将来の事業にも役立つ分野での論文を書くことにしました。

 

 早稲田ビジネススクール(WBS)も修士論文はあるみたいなのですが、働きながら夜間で学ぶ学生さんにとって、修士論文のタスクは重いので、本当に大変だと思います。WBSに通っている友人が何人かいるのですが、いつも仕事を掛け持ちしながら勉強している姿を見ると本当にすごいと思います。

 

 とは言っても、来週にはプロポーザルを提出して、ゼミのOBOGを招いて中間発表会。それまでには、なんとか少しでも形にして発表会に臨みたいと思います。

 

 

マーケティングメモ

ちょっと、気になったマーケティングに関することをメモ。

 

ギンザシックスではポイントカードを発行していない

 4月に東京・銀座に開業した「ギンザシックス」。そのカスタマーリレーションシップ施策は、百貨店業界の“標準型”とは大きく異なようです。館内にBeaconを設置して来場者の動きを把握して、消費者と緊密な関係を築くことに力点をおいているからです。従来であれば、ポイントカードを発行して、顧客の消費性向や好み、頻度などを把握するといういかにデータを集めてそれを生かすというのが現在の主流だけど、ギンザシックスはポイントカードではなく、アプリを活用しているということ。

 

style.nikkei.com

 

 4月1日に富士重工業から社名を変更して新たなスタートを切ったSUBARUも今期、スマートフォン向けアプリ「マイスバル」とDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)を活用した、データドリブンな広告配信の効率化やCRM(顧客関係管理)施策に、積極的に取り組んでいる。車の買い替えの時期に合わせて、SUBARUの車を買ってもらえるように消費者にアプローチするのが狙いだ。ダスキンは会員サイトで顧客と関係強化して解約率が3%低下したと、2017年6月号の日経デジタルにあった。

 

 ギンザシックスはお金持ちの人がターゲットなので、

ギンザシックスは外国人観光客なども含めて、来店回数が年に数回の顧客をどれだけ作れるかが重要になる。

 (style nikkei)

ということなのかもしれないですね。渋谷区もビーコンを設置して、様々な情報を発信していくみたいですし、こういった取り組みは増えていくんだとは思うけど、ますます人間の行動は筒抜けになってしまうんだろうか。

 

www.nikkei.com

 

好調なBリーグ

 昨年開幕したバスケットボール男子のBリーグが好調なのは意外だった。サッカーはともかく、野球なんて、地上波での放送はここ数年で大きく減っているからだ。一方、Bリーグは、日程の半分強を消化した1月末で、1部に当たるB1の1試合当たり平均入場者数は2711人と昨季から29%増加しているとのこと。。入場料収入も、全クラブ平均で昨季から約50%増になっていて、好調なことが裏付けられている。

 アプリを活用したチケットレスの利便性と顧客の囲い込みによって、チームとファンが一緒にゲームを盛り上げられているのが要因みたいだけど、日本ではマイナーなプロスポーツでもやり方次第では、十分に集客ができるということがわかります。これは、地方の商店街や地方活性化のヒントになるだろうか。自分なりにも、もう少し掘り下げて考えてみたいです。

 

www.nikkei.com

Tokyo VR Startups 第3期プレプログラム 始まりました

 Tokyo VR startupsの第3期プレプログラムが始まりました。

2つの席を用意していただけることになったので、カードキーの受け取りやコピー機の使い方など、事務手続きなどで訪問してきました。

 とは言って、学校がまだあるのでこちらのオフィスに滞在できる時間は限られているのですが、時間を作ってプロダクト開発やコンセプト設計に没頭したいと思います。

 

f:id:suwajun111:20170608215712j:plain

 

 今回のプレプログラムは、コンセプトの設計をしっかりと行うと同時にチーム作りをしっかりと行うというところを2ヶ月かけてやっていきます。

 選抜された自分以外の9チームは非常に優秀なチームばかりで、既にコンテンツを世に出しているチームも多いので、それに比べると自分たちのチームは遅れているので、しっかりこの2ヶ月でしっかりとした土台を築いていきたいと考えています。

 

 

始動プログラムへの応募も是非!

 そして、起業に興味ある方は、是非、経済産業省の始動プログラムに応募して見てください。締め切りまで、あとわずかです!自分は2016年にこのプログラムに参加できて本当に良かったと思います。

hillslife.jp

 普段会えない、ベンチャーキャピタルの方や起業のためのプログラムが充実しています。KBSで入学した当時、起業を考えている人がほとんどいない中で、こう言ったプログラムは本当に自分にとって貴重でしたし、既に起業している人やこれから起業する人がいるたちに囲まれる環境は本当に刺激になります。東京と大阪で交互に開催されるので、交通費はかかりますが、投資する価値は十分にあると思います。

 こういった機会を利用して、モチベーションを上げて見てください。

 

 今年も昨年以上にメンター陣が充実しています!自分ももう一度、受講したいくらいです。。特にIDEOのデザインシンキングは本当に素晴らしかったです。他にも元ミクシィ社長の朝倉さんをはじめ、実業界で活躍する人たちとの繋がりは大きいと思います。

sido2017.com

 

赤羽雄二さんの入社3年塾を読んで見た

 以前、赤羽さんの「ゼロ秒思考」について、少し触れました。

赤羽さんはコマツでエンジニアとして活躍されたのち、スタンフォード大大学院に留学され、その後、マッキンゼーで14年にわたりコンサルタントとして活躍された方です。

 

赤羽さんの「ゼロ秒思考」の本と出会ったのが、赤羽さんを知るきっかけになりました。ゼロ秒思考というのは、すでに多くのブログなどで紹介されていますが、特によくまとまっているのが、torikagoさんのブログです。

 

toricago.hatenablog.com

 

ゼロ秒思考とその効果について

 ゼロ秒思考はとてもお金をかけずにできる思考訓練だと思います。A4のコピー用紙を横置きにし、1件1ページで、1ページに4~6行、各行20~30字、1ページを1分以内、毎日10ページ書くという単純なものです。

 内容は、「なぜMBAが必要なのか」と言ったことから、「どうやったら、彼女と仲良くやっていけるのか」(笑)と言ったくだらないことでも、どんどんメモを取って行くことです。これは、メモ書きを続けて行くと実感できると思うのですが、自分の頭の中が整理されて、人に相談できない悩みでも、不思議と文字化して書くことで、自分の中で緊急度と重要度が整理されていく。そして、アクションプランについてもメモ書きをすると、次に自分が何をすればいいのかが分かってきます。

 

 最初は、20〜30字を5行程度書くことも難しいかもしれません。

でも、慣れてくるとスラスラと書けるようになります。そして、書くテーマについても掘り下げてみたり、時間をおいて改めて書いてみることで、自分の中で考えが深まって行く。このゼロ秒思考のメモ書きは、考える癖をつけるのと同時に瞬発力を養う訓練だと思う。また、数をこなすことによって、ちょっとした成功体験を積み上げることができるのも自信につながるのだと思います。

 自分は、このゼロ秒思考を続けて、赤羽さんのプレミアムサロンにも1年間入会していました。

b-t-partners.com

入社3年塾を買ってみた

 赤羽さんの本が出ると一応、全部買うことにしています。入社3年塾という本が今年、出版されました。自分のように10年以上、企業に勤めた人間でも、参考になることが多いと感じています。しかも、これまで赤羽さんが出版した本のまとめみたいな感じにもなっているので、とっつきやすいかと思います。

入社3年塾: 今、何を知り、どう考え、挑戦するか (単行本)

入社3年塾: 今、何を知り、どう考え、挑戦するか (単行本)

 

 

 私はマッキンゼーに入社して日本のオフィスで3年半の後、ソウルに移り、マッキンゼーソウルオフィスを立ち上げて10年間、韓国の大手財閥の経営改革に取り組みました。

 その時、 まだ韓国人のコンサルタントがほとんどいなかったため、世界中のマッキンゼーコンサルタントに声をかけ、100人以上を呼んでプロジェクトを実施しました。

(中略)

 彼らのさまざまな素顔を見てきましたが、特別頭がいいとも思えませんでした。例えば、物理学者、数学者、将棋・囲碁棋士などは特別頭がいいわけですが、そうでなくても、やり方次第で素晴らしい結果を出すことができるのだ、というのが私のマッキンゼーでの一番の学びだと思います。(P16)

 

 この本のメッセージは、誰でも環境が整い、努力をうまくすれば誰でもかなりの程度の成長ができるということです。

 

 考える作業というのは苦しいのですが、メモ書きという簡単な作業が自分にはあっていたのだと思います。難しいと、継続するのが大変ですしね。

 

「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。

 

 

 梅田さんの本では、人を動かすために自分の思いをどうやって言葉にして伝えるのかという、広告代理店のコピーライターの視点から描かれています。書いていることは、真っ当なことばかりで、考えの深め方は、赤羽さんの本に通じるところもあるようにも思えます。自分自身も日々学びの中で、成長できるように頑張っていきたいと思います。

 

第3期インキュベーションが始まりました

f:id:suwajun111:20170602233432j:plain

 今日は、Tokyo VR Startupsの第3期のキックオフでした。Gumiの國光さんの挨拶からスタート。

 

 3期は10チームの参加になります。VRやARのチームが多い中、AIをメインで扱うチームは自分たちだけだったので、ちょっとしたアウェー感はありますw

とはいっても、AIとARの融合を目指しているので、この2ヶ月のメンタリングでしっかりと結果を出したいと考えています。

gu3.co.jp

 

 今回集まった10チームがまた個性があってめちゃくちゃ面白い。その内の1チームに先日の村口先生のベンチャーキャピタリスト養成講座の授業にプレゼンに来てくれていた、岸上くんのチームもいました。

www.sbbit.jp

 ソフトバンクの孫さんに影響を受けたという彼ですが、若いのにプレゼン慣れしてますし、熱量もすごい。自分はアニメには全く詳しくはないんですが、情熱を持って取り組むってこうなんだと。すごく刺激を受けましたし、彼のチームづくりなど、参考になりました。

 他にも、たくさんの個性あふれるチームが参加していて、自分自身、とても刺激を受けました。絶対、世界で戦えるサービスを出してやろうと。

 

 ARや最近ではMR(複合現実)に関しても言われることが多くなって来ましたよね。ここの移り変わりのスピードは本当に早いように思います。それだけ、世の中に認知され市場も伸びているからかもしれません。

www.panoplaza.com

 

Tokyo VR Startupsでは様々なVR機器を使うことができます。

その中でも面白かったのが、メンターの方の一人が持っていた、Snapchat Spectaclesです。日本では、まだSnapchatは使っている人はまだ少ないと思いますが、さらにサングラス型のウェラブルデバイスを持っている人は少ないと思います。

というのも、全世界で1万くらいしが出回っていないようなので。

カメラがついたサングラス!SnapchatのSpectaclesで見たままの世界が撮れる | Be Magnetic!

 

これは、レンズについているカメラで自分自身が見ているものをそのままSnapchatに投稿できるというもの。実際に体験して見ましたが、これはこれで面白かった。グラスについているボタンを押すと、撮影が始まります。

 

f:id:suwajun111:20170602235807j:plain

 

こんなワクワクするようなデバイスも開発できればと考えています。