なぜスタートトゥデイは強いのか?

1. スタートトゥデイ

 スタートトゥデイ、好調ですね。株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業です。

今日はスタートトゥデイについて、少し考えてみようかと思います。

スタートトゥデイのビジネスはアパレルの受託販売に特化している事があげられます。言わずと知れた、ZOZOタウンですね。楽天は出店手数料として、2〜7%の手数料がかかります。同じECのアマゾンは20%と言われています。一方のスタートトゥデイは40%と言われています。

直近の決算概況を見ると、2016年1月から2016年12月にかけての年間購入者数は5,783,381人。

アクティブ会員は前年同期比898,940人増、前四半期比361,449人増の3,421,440人、

アクティブ会員1人当たりの年間購入金額は48,275円とあります。

 

直近の決算概況 - 株式会社スタートトゥデイ

 

単純比較はできませんが、アクティブユーザー数などは健闘しているのかもしれないですね。ただ、こういった数字はそのまま鵜呑みできないと思います。

blogs.itmedia.co.jp

 

 これまで、受託販売に特化してきていたスタートトゥデイですが、今後は自社のプライベートブランドにも注力して行く方針を示しています。ZOZOタウンの自社のリソースを活用して自社ブランドを展開して行くのは間違ったことではないと思います。

どうして、こうもZOZOタウンは強いのでしょうか。

ご存知のように、ZOZOタウンは「ユナイテッドアローズ」をはじめ「ビームス」、「ギャップ」といった人気ブランドを多数取り揃えたECサイトとして人気を博しています。

 アパレルブランドからするとこのZOZOタウンの集客力は魅力的なのです。というのは、アパレル市場の市場規模は縮小傾向にあります。そんな中でも、ZOZOタウンはアパレルブランドメーカーのコンテンツを充実させることによって、プラットフォームの魅力を高め、人気のあるブランドを集めることに成功したZOZOタウンにユーザーが集まるという好循環を生み出すことに成功しました。また、ファッションコーディネートサイト「WEAR」を持っています。消費者に対してコーディネートを提案して、ZOZOタウンに呼び込むことも上手いと思います。洋服が欲しくなれば、靴やアクセサリーなどの周辺アイテムへの購買も期待ができるようになりますしね。

 アパレルに特化をして、良質なソフトを取り揃えた結果、今のような成功があるのではないかと個人的には考えています。

 

2. スタートトゥデイと楽天の違い

 スタートトゥデイのビジネスモデルは楽天に似ていますが決定的に異なる点があります。それは物流です。楽天市場では基本的に商品の発送は出品を行なっている企業が行います。一方、ZOZOタウンでは商品を自社の物流施設で預かります。そして保管、商品の写真撮影から梱包、発送までの一連の作業を全て代行しているのです。これが、手数料の差となって現れます。

先ほども述べたように、楽天は2〜7%と言われているのに対して、ZOZOタウンは28%という非常に高い受託販売手数料を手に入れています。

さらに、ZOZOタウンの上手いところは、在庫リスクを抱えないことです。ZOZOタウンはあくまで受託販売なので、商品自体はメーカーのものです。なので、ZOZOタウンは在庫リスクを抱えることなく、販売手数料を手にすることができるのです。一方で、メーカー側からすると商品の保管から発送までワンストップで対応してもらえるZOZOタウンはありがたい存在なのかもしれません。

 

3. スタートトゥデイの人事制度

 スタートトゥデイの特長として、人事などの福利厚生制度が充実していて、社員のモチベーションを高める仕組みも好調な要因の一つだと思います。優れたサービスを提供し続けるには、やはり社内の人材は重要で、特に優秀な人材の確保と定着はどの企業にとっても共通する課題なのではないでしょうか。

 

福利厚生・制度 - 株式会社スタートトゥデイ

人自部からのメッセージ - 株式会社スタートトゥデイ

 

 スタートトゥデイには、住宅手当の「幕張手当」、6時間労働制など従業員の働く環境にも配慮しています。ここもガツガツした楽天とは違うところでしょうね。

cybozushiki.cybozu.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスモデルキャンバス

1. 事業計画を俯瞰する

 事業計画でせっかくアイデアが出てきても、それが果たしてマーケットがあるのか、消費者のニーズはあるのかはとても気になる。始動プログラムの初期のビジネスモデルを組み立てるにあたり、ビジネスモデルキャンバスを使ったワークショップを何度かこなしました。どのようなユーザーに何の価値を提供し、どのように収益を上げていくか、という仕組みがしっかりとしているのか。これって重要なことですよね。

 

2. ビジネスモデルキャンバスとは何か?

 ビジネスモデルキャンバスは「ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書」にあるビジネスモデルを考えるためのフレームワークです。

すべての事業がこのフレームワークに落とし込んで考えればうまく行くというわけではありません。ただ、これまで考えていなかった視点や漏れをなくすといった意味では有効なツールだと思います。

 

 

[http://:title]

 

ビジネスモデル・キャンバスに4つの領域と、9つの構成ブロックによって構成されています。ビジネスモデルキャンバスでは、「顧客、価値、インフラ、資金」の4つの領域による分類と、9つの構成ブロックをもとにビジネスモデルが定義されています。

9つの構成ブロックは、具体的には、

 

1.顧客セグメント(誰に)…どういった顧客層に価値を提供しているのか

2.価値提案(何を)…顧客の問題解決やニーズをどのように満たしているのか

3.チャネル(どのように)…どのようなチャネルを用いて、顧客に価値を届けているか

4.顧客との関係…顧客との関係性はどのようになるのか

5.収益の流れ…顧客は何に対して、どのように支払いをするか

6.リソース…提供価値を高める経営資源は何か

7.主要活動…提供価値を生み出している主な活動は何か

8.パートナー…自社だけでは不足するリソースを提供してくれる協力者は誰か

9.コスト構造…この事業を実現するためのコスト構造はどうなっているか

これらの9つの要素に沿って、自分の事業計画を落とし込んでいきます。

 

Strategyzerホームページ(ビジネスモデルキャンバス開発者サイト)にはビジネスモデルキャンバスのシートを無料でダウンロードすることができます。

strategyzer.com

 

 ここで、埋めて行く順番は特に決まっていません。でも最初は誰でも、誰をターゲットにするかとか、その商品やサービスの強みについては考えていると思います。なので、顧客セグメントや価値提案についてからの方が取り掛かりやすいかもしれません。

 ここで大事なことは、価値提案を具体的な「製品」や「サービス」という括りにしてしまわないことです。例えば、たこ焼き屋さんの価値提案は「たこ焼き」ではなく、「焼きたて」や「ふわふわ食感」とした方が望ましいです。いつでも出来たてのたこ焼きが売っているとか、独自に改良したふわふわの食感ならどこにも負けない、ということがそのお店の強みとなり、お客様にとっての提供価値につながるからです。

 まああくまで具体例でお客様がそこまでの食感を求めているかはわかりませんが。

 

2. まずは手を動かして考えてみる

 この実際に手を動かして考えるということが大切だと思うんです。手を動かした上で、色々な人とディスカッションすることで、強みや弱みがわかってくることがあり、多くの気づきを得ることができるからです。最初は色々ツッコミどころが多かった事業計画も自分なりに考え抜くことで、新しいアイデアやさらに事業計画を発展させる材料を見つけることができるかと思います。自分もいまだに突っ込まれてばかりですけど。

事業計画が考え抜かれていれば、政策金融公庫の創業者向けの融資などにも応募しやすくなると思いますし、プレゼンにも説得力を持たせることができるようになると思います。

 

 YouTubeでも日本語のピッチを見ることができるので、参考になると思います。

www.youtube.com

起業したい人がどんどん増えればいいですね。

Think different

AppleのCM

 

すっごい懐かしい。しかもナレーションはあのジョブズ

20年経っても、このCMは色あせない。

 

www.youtube.com

 

今日から、本格的に2年生のゼミが始まりました。

マーケティングのゼミに入り、事業化のためのヒントをたくさん吸収したいと考えています。

Apple新本社

 先月行ってきたシリコンバレーのSunnyvaleの滞在先から歩いてすぐのところに現在建設中のAppleの新社屋がありました。4月から入居開始とのことで、急ピッチで建設が進んでいました。フェンスが張ってあり、外部からはあまり全体像を把握するのが難しかったのですが、建設イメージの看板がありました。

f:id:suwajun111:20170330221251j:plain

 

一見すると、野球場かと思ってしまう

f:id:suwajun111:20170330221709j:plain

 

 土地はたくさんあるだけに、全てのスケールが大きい。

ここが完成したら、ちょっとした観光名所にもなるかもしれないですね。

 今年もあっという間に4月になりました。KBS生活も残り1年。悔いのないようにしっかり頑張りたいと思います。

シリコンバレー まとめ

 アメリカから帰国して1週間が経過しました。ここでは、現地で感じたことなどを忘備録的にまとめておきたいと思います。

 

f:id:suwajun111:20170329144425j:plain

 

1. 気候は快適

 自分がシリコンバレーに行った時は、最初の2日は雨が降ったり曇ったりでしたが、シリコンバレーの気候はとても快適だと言われています。

 シリコンバレーの近くのサンノゼでは年間最高気温の平均が19度、最低気温の平均が10度くらいでしょうか。とても快適に過ごすことができます。3月でも、ジャケットとマフラーでなんとか過ごすことができました。

www.compathy.net

 こちらに滞在している誰もがいうことですが、本当に本当に気候が最高だと言います。この気候がなければ、みんな鬱になっているとも(笑)

 

2. スタバが多い

 これは街を車で走っていて気づいたんだけど、スタバが多いです。日本でいうコンビニのような感覚です。とは言っても、日本のコンビニのように歩いて数百メートル単位であるかというとそういうわけではなく、車で走っていて、目立つ程度です。

 一方で、日本でいうコンビニはほとんど見かけません。今回のシリコンバレーの訪問で、サンフランシスコ市内とシリコンバレーの2軒。しかもセブンイレブン

 香港などはコンビニは多かったけど、アメリカはかなり少ない印象でした。

 

3. UberAirbnbはすごい。車は必須、電車は1時間に1本

 今回の旅行では、車がないと生活できないほど、車のありがたみを知りました。日本で東京近郊に住んでいると、レンタカーやカーシェアで十分だと思うんですが、アメリカだとそうは行きません。どこかに行くにしても、車がないと生活用品の買い出しもままならないので、車は必需品です。今回は短期滞在だったので、Uberで十分でしたが、これが長期滞在になると、レンタカーもしくは中古車の購入を検討しないといけないかもしれません。

 ちなみに電車も走っています。1時間に1本ですが。。サンフランシスコとサンノゼを繋ぐ電車で、朝と夕方の通勤時は1時間に3本ほど走っているようです。ただ、駅に出るにしても車が必要なこともあり、結局は車になってしまいました。

  Airbnbも素晴らしく、今回は4名で宿泊することになっていたのでAirbnbを利用して家を探しました。最終的に2軒の家を借りました。条件を入力して、口コミなどの評価を元に判断しました。エアコンの使い方、シャワーでのお湯の出し方、洗濯機の使い方など、戸惑うこともありましたが、日本であまり体験することができないので、とても貴重な体験になりました。基本的なアメニティ類は揃っていましたが、歯ブラシはなかったので用意する必要がありますね。

 

4. フリーウェイ

 片側4車線ほどあるフリーウェイが街と街を繋ぐ幹線道路になっていて、車の往来は激しいです。基本的に片側4車線もあるにもかかわらず、通勤時には渋滞も発生するので、いかに車が多いかが分かるかと思います。20分で移動できるところが1時間近くかかることもあります。一度、夕方のラッシュで捕まったのですが、なかなか移動できずに苦労しました。ちなみにこのフリーウェイは日本みたいに料金所もないので、Uターンしてすぐに無料で利用できます。

 

5. 時差ボケ

 日本とシリコンバレーの時差は16時間ほどあります。日本が14時であれば、向こうは前日夜の22時になります。なので、日本を16時のフライトでサンフランシスコに向かったときは、寝る間もなく現地時間の朝についてしまいます。今回の旅行は短かったので、現地時間に慣れてきた頃に日本に帰国したので、ちょっときつかったです。

飛行機に乗るときは、長時間のフライトであれば、ネッククッションがあれば便利だと感じました。次回からは用意したいと思います。

 

トラベルグッズ | 無印良品ネットストア

 

6. wi-fi

 通信インフラに関しては、お店やホテル、空港などの公共施設はwi-fiが繋がります。ただ、場所によってはかなり速度が遅かったりします。今回は、日本からあらかじめモバイルwi-fiのレンタルを借りて行きました。

www.wi-ho.net

  自分が使ったのは、テレコムスクエアのワイホーです。大容量パックで1日500Mのサービスでした。1日500Mというと1ヶ月で15Gになるので、ここまでは必要なかったかもしれません。通常の200Mで十分なくらいでした。現地ではメールはもちろんメンバーとはラインを使ってコミュニケーションをとっていたので、とても助かりました。

 

7. ウォシュレット

 日本で当たり前のようにお世話になっていたウォシュレットはアメリカでは当然ながらありません。なので、もし必要な方は携帯型のウォシュレットを持って行ったほうがいいかもしれません。自分も持ってたけど、今回持っていくのを忘れてしまいました。

www.toto.co.jp

 

8. スタートアップとVC(ベンチャーキャピタル)

 シリコンバレーでもパロアルト周辺のスタバではスタートアップがVCに対して即席のピッチ大会を行なっていました。また、自分が訪問した時にはYコンビネーターのデモdayが2日に渡り行われていて、活況を呈していました。そんな雰囲気を見ると、スタートアップと投資家が積極的に出会える場が、日本に比べて多い印象を受けました。

 実際、今回お会いしたVCの方々に話を聞くと、LinkedInに登録をしているとひっきりなしにスタートアップ側からコンタクトがあるとのこと。やっぱり本場は違うなぁと感心。

 

9. 食生活

 今回は滞在期間が短かったこともあり、食生活でとても困ったということにはなりませんでした。ただ、滞在が長期間になるととても日本食が恋しくなることは間違い無いと思います。

 スーパーでも日本の調味料を扱っているところが少ない印象でした。一方で中華食材は豊富です。パロアルトにはやよい軒のお店がありましたが、日本に比べると料金は倍近いの金額になってしまいます。 今回の訪問で、お会いする日本人の方には、お味噌汁やカップラーメンをお土産で持って行ったのですが、大変重宝がられました。

 現地のお店については、Yelpを使って検索しました。日本でいうと食べログみたいなイメージですかね。その中でもクパチーノにあるエウレカで食べたハンバーガーはとても美味しかったです。夕方にもかかわらず30分待ちで、お腹が空いていたというのもあるのかもしれないけど、また食べたい一品。

www.yelp.com

 

 個人的には、毎朝、ヨーグルトを食べているのですが、ヨーグルトは日本の方が好きです。アメリカのヨーグルトの舌触りが日本ほど滑らかではなく、嫌いではないのですが、日本の方が美味しいです。お酒はアメリカの方が安いです。日本はおそらく酒税が加算されているのだと思うのですが、明らかに料金の違いを感じました。

 

10. 英語は必須

 当たり前ですが、英語は必須です。自分は外資系に勤務していた経験があるので、簡単なビジネス英会話であれば問題ないのですが、今後ちゃんとVCや業務提携などを考えていくのであれば、やはり英語力は必須だと感じました。日本のマーケットだけであればそれほど語学は必要ないのかもしれないけれども、アメリカのVCが見ているマーケットは世界です。世界でどれだけ通用するサービスや製品があるのかを見ています。

 自分も今年は英語力に磨きをかけていきたいと思っています。

自分の必要な部分だけに的を絞って勉強するのがいいのかもしれないですね。

 

[http://:title]

 

11. 保険

 短い期間とはいえ、海外でもし何かあった時のために一応、保険にも加入しておきました。急に歯が痛くなったとか、何かの時に困らないようにということで。

 

www.sjnk.co.jp

会社設立の手続き その2

 法務局で設立が完了すると、印鑑証明書用に会社の代表印を登録する。そうすると、印鑑カードを法務局で作成してもらえる。

この印鑑カードは、全国の法務局で使えるので、印鑑証明書などはこのカードがあればどこでも手に入れることができます。まあ、会社の印鑑証明なんて、それほど提出することなんてそれほどないと思うけど。

 

 印鑑カードを使って、印鑑証明書と履歴全部証明書を窓口で発行してもらう。2枚で600円の印紙を購入したと思う。

これを持って、ようやく金融機関で口座を開設する手続きを行うことができます。

自分も、今この段階です。

 

www.bk.mufg.jp

 

inqup.com

ピーター・ティール

 今回、シリコンバレーに訪問するにあたって、改めて読んだ本の1冊。

ピーター・ティールはシリコンバレーで注目される起業家・投資家の一人。PayPalの共同創業者、Facebook初の外部投資家としても知られている人物だ。

 ティールは豊富な経験を基に「社会を変える新しい何かを創造する企業をどのように創り出す」方法をこの本の中で示している。彼が最も強調しているのが、既存のもののコピーではなくて「世界を変えるようなイノベーション」である。それが見つかれば小さな市場でスタートし、独占市場に育て上げよと言うのがこの本の骨子だと思う。

そうすれば、競争は必要がなくなる。そのためには、商品とマーケティングが重要だということだ。学生向けに語りかけているので、とても読みやすい。

[http://:title]

 

 

ピーター・ティールの弱者の戦略

www.youtube.com

 

英語版だけど、参考になります。

それほど、難しい単語は使っていないので、リスニングの勉強にもGood